ジャンルで探す

頭は使いたくないけど読書はしたい!そんな時におすすめのエッセイ6選

これから仕事に向かう電車の中や、1日の疲れが溜まったベッドの中、「しっかりとストーリーをつかまなければいけない小説を読むのは面倒だけど、せっかくの時間だから読書はしたい」なんて時におすすめなのがエッセイです。

軽く読めて、一話づつが短く完結する場合が多いので、時間がない時でも読みやすくなっています。

そんなエッセイを、今回は6作品紹介します。

では、早速始めていきましょう。

『ダメ犬グー 11年+108日の物語』

題名『ダメ犬グー 11年+108日の物語』
著者ごとうやすゆき
発行所株式会社 幻冬舎
発行日2006年9月10日
ページ数253頁

うちへやってきた1匹の犬。生後8か月。メス。色は黒。
親が”グレイス”って名前をつけた。ぼくは”グー”って呼ぶことにした。

あらすじ

著者の家族に、1匹の大きな犬がやってきます。

犬の名前は「グー」といい、段々と、家族に欠かせない一員になっていきます。なかでも、著者とは散歩をしたり、旅行に行ったりと、欠かせないパートナーになります。

そんな仲良しな1人と1匹を描く、心温まるイラストエッセイです。

特にこんな人におすすめ

  • 大切な愛犬がいるという人
  • 癒されたい人

『時をかけるゆとり』

題名『時をかけるゆとり』
著者朝井リョウ
発行所株式会社 文藝春秋
発行日2014年12月10日
ページ数271頁

私はお腹が弱い。文字にするとなんとも情けない一行目だが、この事実は私を語る上で大変重要な項目だ。最重要といっていい。

あらすじ

「ゆとり世代」で育った筆者が「ゆとり世代」を見た際の見え方について語られる。筆者の大学生活から、社会人生活まで、ユーモラスにつづられている。

『何者』や『桐島部活やめるってよ』等の人気作を手がける作者の普段の顔を覗ける作品です。

特にこんな人におすすめ

  • 作家の普段の顔を見てみたい人
  • 本を読んで笑いたい人

『お家賃ですけど』

題名『お家賃ですけど』
著者能町みね子
発行所東京書籍株式会社
発行日2015年3月31日
ページ数195頁

牛込の加寿子荘を加寿子荘と呼んでいるのは私だけで、それもこっそり呼んでいるだけのこと、加寿子荘には本名がない。不動産屋で紹介を受けたときには、「坂井荘」と聞いていた。でも、実際に来てみると建物のどこにも「坂井荘」とは書いていない。

あらすじ

性別を変え、女性として生活する作者の、1つのアパートを中心に生まれる物語です。

東京で生活することになったものの、家賃が高いところには住めないと、作者は牛込にある築40年のアパートに住むことにします。一見、古くて小さなアパートでしたが、作者はアパートのことも、アパートの大家さんのことも大好きで、友達に、アパートのことを話しているときは、「のろけているみたいだ」と言われるほどでした。

特にこんな人におすすめ

  • 世の中に生きづらさを感じている人
  • 風情のあるものが好きな人

『自閉症の僕が跳びはねる理由』

題名『自閉症の僕が跳びはねる理由』
著者東田直樹
発行所ランダムハウス
発行日2007年2月28日
ページ数135頁

自分が障害を持っていることを、僕は小さい頃は分かりませんでした。どうして、自分が障害者だと気づいたのでしょう。それは、僕たちは普通と違うところがあってそれが困る、とみんなが言ったからです。

あらすじ

筆者は、自閉症を有しており、人に会話で自分の気持ちを伝えるのが困難です。そんな自分が悲しく、筆者は苦しんでいました。筆者は訓練し、会話の代わりに、筆談で自分の気持ちを伝えることが出来るようになりました。

その筆談を用い、筆者が中学生のころに、自らの気持ちや障害について語ったエッセイです。「なぜ会話することが出来ないのか」や「なぜ落ち着きがないのか」等、よく疑問に思われる自閉症者の行動を、筆者の視点から解説されています。

自閉症を有する人を、身近に感じられる作品です。

特にこんな人におすすめ

  • 自閉症を持つ人が身近にいる人
  • 自閉症を持つ人に怖いという感情を抱いている人

『すばらしい日々』

題名『すばらしい日々』
著者よしもとばなな
発行所株式会社 幻冬舎
発行日2017年2月10日(文庫版)
ページ数154頁

人それぞれ対応は違っても、日本にいる人は多かれ少なかれ、みんなが放射能のことを気にしている。
それは正しいことだと思う。
実際測ってみると数値は高いのだし、野菜をよく洗ったり、飲み水に気をつけたり、発表されたデータをしっかり見たり、そういうことは必要なことだと思う。

あらすじ

吉本ばななさんの、老いていく父母と過ごした日々が描かれています。

「すばらしい日々」というタイトルがぴったりの、ほっこりとするエッセイです。

吉本ばななさんの人柄等も伝わってくるとても素敵な作品です。

さらっと読むことのできるエッセイになっているので、小説が苦手な方もおすすめの1冊です。

特にこんな人におすすめ

  • 小説に抵抗のある方
  • 癒されたい方

もものかんづめ

題名『もものかんづめ』
著者さくらももこ
発行所株式会社 集英社
発売日2001年3月25日
ページ数281頁

水虫といえばたいがいオッサンの持病であり、それにかかると脂足に甚だしい異臭を放ち、その靴および靴下は、家族の間では汚物とみなされるという恐ろしい病気である。

あらすじ

昨年亡くなった漫画家さくらももこさんのエッセイです

書き出しを読むだけで、面白さが伝わってきます。

全17編のエッセイがつづられており、さくらさんの日常を感じることができます。

各話とも、ユーモアにあふれており、くすっと笑ってしまうこと間違いなしです。

父ヒロシや母、そして姉など、温かい家族の様子を感じられ、ほっこりする作品です。

特にこんな人におすすめ

  • 学校や会社帰りで疲れている。
  • 本に苦手意識がある

あとがき

クスッと笑ってしまうエッセイから、考えさせられる作品まで、幅広いエッセイを紹介しました。

どれも一話づつ話が完結するため、移動時間等スキマ時間でも読みやすい作品になっています。

小説に抵抗感がある方にも、おススメです。是非一度手に取ってみてください。

お付き合いありがとうございました。