テーマで選書

【あの人の本棚】川上未映子さんの愛読書

あの人はどんな本を読んでいるのか、作家を中心に著名人のお気に入りの本(愛読書)を、本人エッセイやインタビュー、雑誌など元に調べリスト化しています。

本記事では、『乳と卵』で芥川賞、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞と紫式部文学賞、詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞、短編「マリーの愛の証明」がGRANTA Best of Young Japanese Novelists 2016に選出、『夏物語』で毎日出版文化賞、等など、名だたる文学賞受賞作品を数多生み出した小説家であり詩人であり、そして女優にして歌手でもある川上未映子さんの愛読書を紹介します。

川上未映子さんの愛読書リスト

(順不動)(きっとほんの一部だから)(適時更新します)

川上未映子さんのプロフィール

大阪府生れ。2007(平成19)年、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』などで早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、2008年、『乳と卵』で芥川賞、2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で中原中也賞、2010年、『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞および紫式部文学賞、2013年、詩集『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞、2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞をそれぞれ受賞。また、短編「マリーの愛の証明」がGRANTA Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。2019(令和元)年、『夏物語』で毎日出版文化賞を受賞。同書は英、米、独、伊などでベストセラーになり、世界40カ国以上で刊行予定。その他、『すべて真夜中の恋人たち』、村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。

引用元:新潮社

川上未映子さんのおすすめ選書

上記の愛読書リストの他にも、太宰治、内田百閒、安部公房、三島由紀夫、中原中也、宮沢賢治、萩原朔太郎、谷川俊太郎、伊藤比呂美、荒川洋治、穂村弘、村上春樹、町田康、海外作家では、ポール・オースター、スティーブン・ミルハウザー、レベッカ・ブラウン、ケリー・リンク、リディア・デイヴィス、アリス・マンローが好きで、ほぼ全作品読んでいるというから、かなりの読書家であり、文学的に高度な多読家です。川上未映子さんのあのブッ飛んだ文才は天賦のものと思っていましたが、偉大な作家たちの作品に大いに影響された、と本人曰く。そんな彼女が現在好きな作家やそんな彼女を好きな作家によるムック本があります。川上未映子さんの作品は勿論、川上未映子さん本人に興味がある人には彼女が何者かがよく分かる(かもしれない)おすすめ本です。勿論同じ本を読んだからといって川上未映子にはなれる訳ではありませんが、彼女の嗜好は今後の読書選びに大いに影響うけそうです。

ABOUT ME
いけだ
現役女子大生。読書家。物心ついた頃から、本を読んで育つ。 本の読みすぎから、小学生時点で漢字の読みだけは高校生レベルを誇った。 活字は基本的に何でも読むが、中でも小説に目がない。本選びは、タイトルと書き出しを見て、直感的に行う。 無計画に書店をうろつき、本を眺めるのが至福の時。最近、小説をまとめ買いできるようになって、大人を感じている。
本を沢山読みたい人へ

効果実体験済み!速読のオンライントレーニング

読みたい本は沢山あるけれど読書に充てられる時間は限られています。仕事の時間、食事の時間、寝る時間を削るのはナンセンス。一日24時間、一年365日、時間は宇宙の法則。時間を増やすことなんて誰にも出来ません。

私たちに出来ることは本を選ぶか、もしくは読む速度を上げること。

ゆっくり読みたい小説もあるけれども、小説にもハズレはあるし、
ビジネス書など一気に読みこなしたい本は山ほどあって悩ましい、そんな人におすすめしたい、40年以上の研究実績を持つ速読メソッドを習得できるオンラインスクールがあります。

👉能力開発・速読と記憶術|特許取得の川村式ジョイント速読術(公式サイト)

私(小説ダイアリー編集長・わたなべ)も実践実証済み。大袈裟な話ではなく本の種類によっては1冊読む時間で10冊位読めるようになりました。つまり、読む速度が10倍になったのです。

この速読メソッドの開発者・川村明宏博士は、日本で唯一、速読の特許を持つ速読の第一人者。「ジョイント速読法」を身につければ、少なくとも今の2倍3倍は多くの本を読むことが出来るでしょう。読む本の量に比例して人生は豊かになれるのです。

速読法、早くから身につけるが勝ちです。