テーマで選書

NHK理想本箱で紹介された「同性を好きになった時に読む本」の書評

Eテレ(NHK)で放送された、あなたと本の幸福な出会いを仲介するプライベートライブラリー「理想本箱」から、ブックディレクター・幅允孝(はば よしたか)氏が選んだ「同性を好きになった時に読む本」3冊の紹介とその書評を記します。

同性を好きになった時に読む本の書評

『弟の夫』田亀源五郎

弟の夫

『弟の夫』作品紹介とあらすじ

漫画です。とても読みやすくしかも心温まる感動作。同性を好きになってしまって悩んでいる人は勿論、そうではない人も今すぐにでも読んで欲しい秀作。※ amazonプライム会員ならkindleで無料試し読み増量版があります。

著者・田亀源五郎氏は、ゲイアートの第一人者にして世界的巨匠とのこと。その田亀氏初の一般誌(月刊アクション)連載作品ということでその筋ではかなり話題になったらしい。

『弟の夫』の著者・田亀源五郎 プロフィール

マンガ家/ゲイ・エロティック・アーティスト。1964年生まれ。
多摩美術大学卒業後、アート・ディレクターをしつつ、1986年よりゲイ雑誌にマンガ、イラストレーション、小説等を発表。1994年から専業作家となり、ゲイ雑誌『G-men』(ジープロジェクト)の企画・創刊にも協力(2006年に離脱)。同時に、日本の過去のゲイ・エロティック・アートの研究、およびその再評価活動を開始。また、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツなどのゲイ・メディアでも活動開始。アーティストとしてはパリ個展やニューヨーク個展を始め、フランス、アメリカ、スペイン、イタリア、オーストラリア、カナダなど企画展への招聘参加や、アメリカ、イギリス、ドイツなどのアートブックへの作品掲載も多数。

引用元:amazon

ドラマ化され文化庁メディア芸術祭優秀賞した『弟の夫』。海外からの評価も高く、年齢性別国籍などに偏見や差別を抱いてしまう人にこそおすすめ。次作『僕らの色彩』も読まずにいられない。

¥2,728 (2022/01/16 21:02:35時点 Amazon調べ-詳細)
NHKエンタープライズ
¥3,591 (2022/01/16 21:02:36時点 Amazon調べ-詳細)
¥641 (2022/01/16 21:02:37時点 Amazon調べ-詳細)

『わたしはオオカミ』アビー・ワンバック

わたしはオオカミ

『わたしはオオカミ』作品紹介とあらすじ

著者はあの女子サッカー界のレジェンド、アテネオリンピック、ロンドンオリンピックで金メダル、2015FIFA女子ワールドカップ優勝の全米代表のフォワードのアビー・ワンバック選手。ゆえに、名だたるアスリートを皮切りに一気に世界中に拡散され話題に。”ひとりではなく連帯しよう”とのメッセージが多くの女性の共感を呼んだこの独白録は、現代そしてこれからを生きる人に勇気を与えてくれる一冊である。勿論女性だけでなく男性にこそ読むべき本だ。

古いルールを捨て、悔いなき人生にするとびきり「クール」で「しなやか」な8つの方法とは?「胸躍るスピーチ」と世界で大絶賛された名門女子大バーナードの卒業式祝辞から生まれた本。NYタイムズベストセラー第1位。

引用元:amazon

『カミングアウト・レターズ』砂川秀樹 , RYOJI 

カミングアウト・レターズ

『カミングアウト・レターズ』作品紹介とあらすじ

18歳から82歳まで、子と親や生徒と教師など7組19通の往復書簡(手紙)と、ゲイ/レズビアンの子をもつ親たちの座談を記録したドキュメント本。カミングアウトしようと思っている人、カミングアウトされて戸惑っている人、どちらの立場の人の心にも寄り添うことができる実用書なので、心当たりのある方は必読。必ず救われる何かが見つかるであろう。

『弟の夫』の著者・RYOJIと砂川秀樹 プロフィール

RYOJI:アクティビスト。1973年生まれ。ゲイ・リブの次世代として、エイズ時代のゲイ・アクトを模索し、2000年頃より、まち場からのHIV予防啓発メッセージを発信。2001年、厚生労働省疫学研究班のプロジェクトに参加し、現在のRainbow Ringの創始期デザインに関わる。同時期、グループ「GUTS」の立ち上げに参加、数年にわたり予防啓発イベントを、東京と沖縄のライブハウスで開催。現在、予防行動を妨げない環境づくりを提案、準備している。

砂川秀樹:文化人類学者。1966年生まれ。1990年よりHIV/AIDSの民間活動に参加し、94年よりNPO法人「ぷれいす東京」で活動。厚生労働省の研究班でゲイの性行動調査などを行なう。ここ数年はHIV陽性者に関する調査に関わっている。2000年に「東京レズビアン&ゲイパレード」の実行委員長、05年〜06年に同パレードの母体団体TOKYO Prideの代表を務めた。現在、実践女子大学で非常勤講師としてジェンダー論を教えている。

引用元:amazon
¥1,870 (2022/01/17 02:40:00時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
わたなべ
読書家。選書家。アラフィフ(老眼)。リタイア済みなので暇に飽かして読みたい本・読むべき本を読みまくる。経済、哲学、歴史、科学に小説まで、分野問わず。読んでも読んでも読みきれないので速読法を会得。とはいえ、生きてる間に読める本には限界があるので、今何を読むべきなのか日々思案している。
本を沢山読みたい人へ

効果実体験済み!速読のオンライントレーニング

読みたい本は沢山あるけれど読書に充てられる時間は限られています。仕事の時間、食事の時間、寝る時間を削るのはナンセンス。一日24時間、一年365日、時間は宇宙の法則。時間を増やすことなんて誰にも出来ません。

私たちに出来ることは本を選ぶか、もしくは読む速度を上げること。

ゆっくり読みたい小説もあるけれども、小説にもハズレはあるし、
ビジネス書など一気に読みこなしたい本は山ほどあって悩ましい、そんな人におすすめしたい、40年以上の研究実績を持つ速読メソッドを習得できるオンラインスクールがあります。

👉能力開発・速読と記憶術|特許取得の川村式ジョイント速読術(公式サイト)

私(小説ダイアリー編集長・わたなべ)も実践実証済み。大袈裟な話ではなく本の種類によっては1冊読む時間で10冊位読めるようになりました。つまり、読む速度が10倍になったのです。

この速読メソッドの開発者・川村明宏博士は、日本で唯一、速読の特許を持つ速読の第一人者。「ジョイント速読法」を身につければ、少なくとも今の2倍3倍は多くの本を読むことが出来るでしょう。読む本の量に比例して人生は豊かになれるのです。

速読法、早くから身につけるが勝ちです。