作品名で探す

『ダメ犬グー 11年+108日の物語』のあらすじと感想|ネタバレあり

愛犬グーと過ごした日々をつづる、イラストエッセイです。

『だいすきなグー』や『いちばんたいせつなもの』等の作品を手がける、ごとうやすゆきさんの作品です。

イラスト付きのエッセイで、軽く読むことが出来るため、読書に抵抗がある方にも、おすすめです。

わがままで甘えんぼうな、愛犬グーを大好きになってしまうこと間違いなしの作品です。

では、読み進めていきましょう。

『ダメ犬グー 11年+108日の物語』の作品情報

題名『ダメ犬グー 11年+108日の物語』
著者ごとうやすゆき
発行所株式会社 幻冬舎
発行日2006年9月10日
ページ数253頁

作者情報

  • ごとうやすゆき

作詞家。詩人。

『ダメ犬グー 11年+108日の物語』の絵本である『だいすきなグー』『いちばんたいせつなもの』等の作品を手がける。

また、竹本聖(たけもとしょう)の、ペンネームももつ。竹本聖名では、『ありがとう。の本』『だいすき。の本』等の作品がある。

あらすじ(ネタバレなし)

著者の家族に、1匹の大きな犬がやってきます。

犬の名前は「グー」といい、段々と、家族に欠かせない一員になっていきます。なかでも、著者とは散歩をしたり、旅行に行ったりと、欠かせないパートナーになります。

そんな仲良しな1人と1匹を描く、心温まるイラストエッセイです。

登場人物紹介

グー:本名は、グレイス。話の主人公。メス犬で、しっぽは短い。
ぼく:話の語り手。グーの飼い主。

書き出し紹介

うちへやってきた1匹の犬。生後8か月。メス。色は黒。
親が”グレイス”って名前をつけた。ぼくは”グー”って呼ぶことにした。

ストーリー(ネタバレあり)

この先、ネタバレがあります。ご注意ください。

グーがやってきた

グーが僕の飼い犬になりました。

最初、僕にだけ懐かなかったグーは、散歩をきっかけに、ゆっくりゆっくり仲良くなっていきます。グーは、甘えん坊で、わがままで、ちょっと変な犬です。

グーと僕との生活が始まっていきます。

グーとの生活

グーとの散歩は、毎回が冒険です。近所の散歩なのに迷子になったり、子どもに囲まれたり、一緒にお昼寝をしたり。毎日毎日、楽しい発見があります。

いつのまにか、グーは5歳になりました。

どんどんどんどん賢くなって、人間みたいにズルをしたり、空気を読んだり。まだまだグーは元気です。

8歳の時は、初めて那須に、旅行にも行きました。自由を満喫して、いっぱい遊びました。グーが大切な家族の一員になって、たくさんの季節が過ぎました。

ついに、グーは10歳になっていました。

頑張れグー

ある日、グーの具合が悪くなりました。病院に連れていくと、左腕に腫瘍ができていると言われました。

それからは、みるみるうちに具合が悪くなり、ご飯も食べられなくなります。起き上がるのが難しくなっても、やっぱりグーは撫でられるのが大好きで、甘えん坊のままでした。

そんなグーを見て、僕はグーが死んでしまうのではないかと悲しくなります。

グーよかったね

奇跡が起きました。

グーが、自分でご飯を食べられるようになったのです。やっぱり、よろよろしているけれど、自分で歩けるようにもなりました。

でも、僕たちは、グーの体調を考えて、手術をせず、グーの生きる力に任せることにしました。腫瘍は、少し大きくなってしまったけれど、僕たちは、グーが生きていてくれるだけでうれしいのです。

さよならグー

グーの腫瘍のある方の左腕が壊死してしまいました。そこからは、また段々とグーの具合が悪くなっていきます。そして、ついにご飯も食べなくなってしまいました。

僕たちの必死の看病もむなしく、ある日、グーは僕たちが少し目を離したすきに死んでいました。

その日、僕はグーの毛並みや体温や全てを忘れないように、グーにくっついて寝ました。それでもグーは、段々冷たくなっていってしまって、僕は涙が止まらなくなりました。

グーのこと

グーを亡くして3か月。

まだまだ悲しみは癒えません。グーの夢もたくさん見ます。ふとしたことでグーを思い出します。最後の時を看取ってやれなかったことを後悔もしています。

でも、きっとそれでいいのです。

グーと出会って、色々なことを経験して。初め、犬を飼うことを反対していた僕は、犬を失ったことをこんなに悲しむようになり、グーと出会えたことを、本当に感謝しています。

グーありがとう。

そして、もしも本当に生まれ変わりがあるのなら、また絶対に会おうね。

まとめ・感想

著者の語り掛けるような口調に、筆者も涙がこぼれそうになりました。

家族にたくさん可愛がられ、ずっと寄り添ってもらえたグーは幸せ者だと思います。

最後は、悲しい結末が待っていますが、全体を通して、グーと僕のお茶目な様子に元気づけられる、素敵なエッセイです。是非、疲れた日の、息抜きにおすすめの1冊です。

お付き合いありがとうございました。