作品名で探す

『夫の墓には入りません』のあらすじと感想|ネタバレあり

シンガーであり作家でもある、さだまさしさんもおすすめする痛快小説です。

『老後の資金がありません』や『あなたの人生、片付けます』等、誰もが遭遇しうる問題をテーマにした作品を手がける、垣谷美雨(かきやみう)さんの作品です。

疎遠だった夫が亡くなった後、『妻』をやめ、自由に生きようともがく、1人の女性を描いています。

では、読み進めていきましょう。

『夫の墓には入りません』の作品情報

題名夫の墓には入りません
著者柿谷美雨(かきやみう)
発行所中央公論新社
発行日2019年1月25日
ページ数349頁

垣谷美雨の作者情報

小説家。『老後の資金がありません』『嫁をやめる日』等の作品を手がける。

小説家になる前、ソフトウェアメーカーに勤務していたため、IT関連のテーマの小説も多い。

デビュー作の『竜巻ガール』は、ドラマ化もされ、話題を呼んだ。

あらすじ(ネタバレなし)

一つの家で暮らしながらも、仕事で忙しく、疎遠であった夫が急死した。

夫から解放され、久しぶりの自由を謳歌しようと考える夏葉子だったが、舅や姑は、夏葉子を一家の嫁として、繋ぎとめようとする。

プライベートが守られない、嫁としての生活に、夏葉子はうんざりしてしまう。

他にも、夏葉子に襲いかかる、様々な問題を振り切り、嫁をやめ、1人の女性として生きようと奮闘する物語。

登場人物紹介

高瀬夏葉子(たかせかよこ):物語の主人公。東京から、夫の故郷である長崎に嫁いできている。
高瀬堅太郎(たかせけんたろう):夏葉子の夫。脳溢血で急死した。

書き出し紹介

どうして悲しくないんだろう。
夫が死んだというのに、何の感情も湧いてこない。

夫が急死したという事実に直面しても、悲しむことのない夏葉子の描写から、物語は始める。

ストーリー(ネタバレあり)

この先、ネタバレがあります。ご注意ください。

1

結婚15周年になる夫が急死した。

死因は、脳溢血だった。

しかし、長年連れ添った夫が死んだというのに、夏葉子は悲しくない。

というのも、夫は仕事が忙しいと言って、全く家庭をかえりみない人だったのだ。

夫の死を現実的に考える夏葉子に反して、姑や舅は、夫の死にかなり落ち込んでいるようだった。

2

夏葉子は、夫を亡くしてから、旦那を亡くして、悲しみに暮れる女性として扱われることに、違和感を感じていた。

舅や姑は、夫が亡くなった後も、夏葉子に目をかけてくれ、家に呼ばれることも多かった。

ある日、姑から、夫の仏壇について相談を受けた。

特に希望のなかった夏葉子が、姑に任せることにすると、姑は、大きな仏壇をプレゼントしてくれた。

せっかく姑が買ってくれた仏壇だったが、お気に入りの我が家に、仏壇を置くと、夫の死後も、夫の一族に束縛されているような感覚を覚えてしまう。

夏葉子の気持ちは、暗くなっていった。

3

夫の遺骨が、家に置かれるようになってから、様々な人が、線香をあげることを理由に、夏葉子の家を訪れるようになった。

中でも、姑はよく訪れ、ひどい時には、夏葉子が留守の間に、合い鍵を使って家を訪れていることもあった。

そんな落ち着かない状況に、夏葉子は、うんざりしていた。

そんな中、夫の中学時代の同級生を名乗る女が、線香をあげに、現れた。

女の名前を、サオリといった。

夫との親密さを示すような女の態度に、夫に愛情のなかったはずの自分が、腹を立てていることに気づいた。

4

夫の遺品整理をしていると、夫の通帳を、初めて見つけた。

通帳に目を通していると、先日家を訪れた、サオリという女に、長年夫が送金していたことが分かった。

それを知った夏葉子は、夫がサオリと浮気していたことを、疑い始める。

5

夫の四十九日が執り行われた。

その際に、夫の真新しい墓を眺めると、墓にはなんと、夏葉子の名前までが彫ってあった。

それを見ると、自分は、夫が亡くなってからも、高瀬家の嫁として生きることを決められているようで、夏葉子は、愕然とした。

6

ある日、サオリが夏葉子の家を訪れた。

長年、サオリと堅太郎は付き合っていて、生活費を援助してもらっていたと伝えてきたのだった。

妻の気持ちを逆なでするような、サオリの態度に腹を立てた夏葉子は、サオリに強く言い返してしまう。

7

姑ら親戚に縛られることにうんざりした夏葉子は、年末年始は、東京の実家に帰ることにした。

姑達の話を父に相談すると、父は夏葉子のことを心配し、長崎を訪れ、一緒に姑に話をつけてくれることになった。

8

家に帰ってからも、姑達の夏葉子への束縛は、変わらなかった。

そんな頃、夏葉子は、母から、舅や姑との関係を切る、姻族関係終了届というものがあることを知る。

早速、翌日市役所で、姻族関係終了届を記入し、提出した。

ついに、形式上は、嫁をやめることが出来たのだった。

父が、ついに姑達と対面する日がやってきた。

頼りないと思っていた父だったが、姑や舅に対し、しっかりと夏葉子の気持ちを伝え、守ってくれた。

これで本当に、夏葉子の嫁としての生活が、終わったのだった。

9

ある日、夫の姉である弓子から、夫のことについて話したいとメールが届いた。

弓子の話は、思いもよらないものだった。

夏葉子が、夫の浮気相手だと思っていたサオリは、実際には、浮気相手ではなく、夫の弱みを握り、夫を恐喝して、お金を送ってもらっていたというのだった。

夫の潔白を知って安堵するとともに、縁を切った自分に、勇気をもって話をしてくれた弓子を見て、高瀬家の人を毛嫌いするのは、間違えているのではないかと気づく。

そして、無理のない範囲で、高瀬家と接していこうと決める。

10

ある日、夫の手帳をふと見ていると、自分との結婚記念日に、星の絵が5つ並んでいるのを見つけた。

5つ星の夫婦だったということだろうか。

夫から、少しでも思われていたというしるしを見つけ、夏葉子は嬉しくなった。

まとめ・感想

夫の死後も、高瀬家に縛られる夏葉子の窮屈さが、痛いほど伝わってきて、読んでいる私まで、夏葉子を応援してしまいました。

誰もが遭遇し得る問題を、テーマにしているため、物語の中に入り込んでしまうこと間違いなしの作品です。

嫁姑問題に悩んでいる人にも、是非読んでもらいたい1冊です。

お付き合いありがとうございました。