テーマで選書

【2021】話題の小説『十二月の十日』のあらすじ・感想

SNSや読書アプリ、日本全国の図書館や書店、通販サイトのデータをもとに、今話題になっている本、流行っている本、皆が読みたいと思っている本の中なら、小説ダイアリーが独自に小説に特化し選抜しています。

一生のうちに読める本の数なんてごく僅か。だったら出来るだけ無駄読みリスクを避けるためにも、話題の本や流行っている本を読むのはとても賢い選択。たとえ(最悪)それが自分にとって面白くなかったとしても、今の、もしくは当時のトレンド(世の中の大勢の人が読んでいる本の内容)を知ることは十分価値あることだと思います。

この記事でご紹介する話題の小説・流行りの小説は、世界的に権威のある文学賞の一つ「ブッカー賞作家」のジョージ・ソーンダーズの『十二月の十日』です。この一冊が良い出会いとなれば幸いです。

ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』作品紹介とあらすじ・感想

十二月の十日

※2021.12.07のデータより

  • amazon 文学・評論 の ほしい物ランキング 第3位
  • ブクログ デイリーランキング 第13位
  • 読書メーター 読みたい本(単行本) 第16位
  • 楽天ブックス 本 小説・エッセイ 日別ランキング 第83位
  • 東京 / 全国学校図書館協議会選定図書

バラエティ豊かでユニークな10作品の短編集。著者のジョージ・ソーンダーズは2013年『タイム』誌にて世界で最も影響力のある100人(アーチスト部門)に選ばれた現代アメリカを代表する作家。2017年には『リンカーンとさまよえる霊魂たち』でブッカー賞受賞。本作品『十二月の十日』は、現代アメリカ社会の底辺であえぐ人々を著者の独特の世界観で描いた斬新作。本作品の翻訳を手がけ付き合いも長いという翻訳家岸本佐知子さんいわく「あいかわらず絶望的な状況を描きながら、最後にある種の救済や希望がもたらされる場面が増えた」というが、かなりインパクトある小説なので心して読むべし。

中世テーマパークで働く若者、賞金で奇妙な庭の装飾を買う父親……ダメ人間の日常を笑いとSF的想像力で描くベストセラー短篇集。

愛する長女のために素敵な誕生パーティを開こうと格闘する父親(「センプリカ・ガール日記」)、人間モルモットとして感覚を増幅する薬を投与される若者たち(「スパイダーヘッドからの脱出」)、中世テーマパークで働き、薬の力で思考も語彙も騎士となる男(「わが騎士道、轟沈せり」)、戦地から帰還して暗い暴力の衝動を膨れ上がらせる若き元軍人(「ホーム」)…ダメ人間たちが下降のはてに意外な気高さに輝く、現代アメリカ最重要作家の傑作短篇集。

引用元:河出書房新社
河出書房新社
¥2,640 (2022/01/17 02:40:04時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
いけだ
読書家。現役女子大生。物心ついた頃から、本を読んで育つ。 本の読みすぎから、小学生時点で漢字の読みだけは高校生レベルを誇った。 活字は基本的に何でも読むが、中でも小説に目がない。本選びは、タイトルと書き出しを見て、直感的に行う。 無計画に書店をうろつき、本を眺めるのが至福の時。最近、小説をまとめ買いできるようになって、大人を感じている。
本を沢山読みたい人へ

効果実体験済み!速読のオンライントレーニング

読みたい本は沢山あるけれど読書に充てられる時間は限られています。仕事の時間、食事の時間、寝る時間を削るのはナンセンス。一日24時間、一年365日、時間は宇宙の法則。時間を増やすことなんて誰にも出来ません。

私たちに出来ることは本を選ぶか、もしくは読む速度を上げること。

ゆっくり読みたい小説もあるけれども、小説にもハズレはあるし、
ビジネス書など一気に読みこなしたい本は山ほどあって悩ましい、そんな人におすすめしたい、40年以上の研究実績を持つ速読メソッドを習得できるオンラインスクールがあります。

👉能力開発・速読と記憶術|特許取得の川村式ジョイント速読術(公式サイト)

私(小説ダイアリー編集長・わたなべ)も実践実証済み。大袈裟な話ではなく本の種類によっては1冊読む時間で10冊位読めるようになりました。つまり、読む速度が10倍になったのです。

この速読メソッドの開発者・川村明宏博士は、日本で唯一、速読の特許を持つ速読の第一人者。「ジョイント速読法」を身につければ、少なくとも今の2倍3倍は多くの本を読むことが出来るでしょう。読む本の量に比例して人生は豊かになれるのです。

速読法、早くから身につけるが勝ちです。