おすすめ選書

【売れてます!】陰謀論の本棚(中段・三段目)

社会に広く知られている様々な陰謀論を解説した本だけを陳列する本棚が、陰謀論の本棚。

「ジュンク堂」に存在するその本棚にある全ての陰謀論関連本を上段左上から順に紹介しています。

この記事では最上段そして二段目に続き、三段目に陳列されている本を紹介します。

三段目に陳列されている本は全て、新型コロナに関する陰謀説が記された本です。

二段目と三段目は、目に止まりやすく、且つ、手に取りやすい位置ですので、よく売れている人気の本や話題の本が並んでいます。

では、陰謀論の本棚の上から三段目を左から順に紹介します。

尚、おすすめ順でもなく出版順でもありません。一覧し読むべき本の優先度を決めるための参考にしてください。

『コロナは概念』

コロナは概念
題名 『コロナは概念☆プランデミック
著者 片岡ジョージ
発行所ヒカルランド
発行日2021/4/2
ページ数180ページ

コロナは概念☆プランデミック』作品紹介とあらすじ

コロナ騒動は茶番だとして面白おかしく社会を風刺したTwitterで話題になった著者・片岡ジョージ氏が、コロナ禍において真理を探究した4コマ漫画中心のユニークな本。明るく楽しくコロナ陰謀論を紹介しています。

Part1「コロナは概念☆プランデミック」珠玉の240作品集
 Season1 コロナ王登場!!
 Season2 ウイルス界の下っ端、コロナ軍団の奮闘!
 Season3 それぞれの新しい生活様式!
 Season4 インフル先輩大激怒!!
 Season5 PCR教団の台頭!!
 Season6 無症状からの感染爆発!?
 Season7 気まぐれWH王!!
Part2 もっと「コロナは概念☆プランデミック」
 4コマ☆コメントコーナー
 用語解説コーナー!!(のようなもの)
 なんとなくコラムのお時間です
Part3 もっともっと「コロナは概念☆プランデミック」
 大人気!?「コロナは概念カルタ」で遊ぼう!!
 「コロナは概念カルタ」取り札

『秘密率99% コロナと猛毒ワクチン』

秘密率99% コロナと猛毒ワクチン

※こちらは陰謀論の本棚の最上段で紹介済み。

『コロナワクチン幻想を切る』

コロナワクチン幻想を切る
題名 『コロナワクチン幻想を切る』
著者 井上 正康(著), 坂の上零 (その他)
発行所ヒカルランド
発行日2021/4/2
ページ数202ページ

コロナワクチン幻想を切る』作品紹介とあらすじ

大阪市立大学名誉教授で健康科学研究所 現代適塾・塾長の井上正康氏と、まもる会の発起人、はこぶねコミュニティーの発案者、創始者、作家でありジャーナリストでもある坂の上零氏との対談本。あくまでも科学的に解説する井上正康氏と陰謀説を強調する坂の上零氏。話が噛み合うようで噛み合わないやりとりが面白い。

コロナウイルスが口内や鼻腔内に入ってくることを暴露と呼び、口や鼻の粘膜などに付着しますが、これは感染ではありません。口腔粘膜の小さな傷や気管粘膜のバリアーを突破すると感染したことになります。しかし、これでも多くの方は発症しないので無症候性感染と呼ばれます。コロナウイルスが細胞に感染するには、血管壁の細胞膜にあるACE2受容体にスパイクで結合する必要があります。その後で細胞膜のタンパク質分解酵素がスパイクを切断してウイルス膜の性質が変化し、これにより細胞とウイルスが融合してウイルス遺伝子が細胞内に注入されて感染が成立します。したがって、PCR陽性と感染とはまったく違った次元です。しかし、現在は両者が混同されて混乱の主因になっています。

『ワクチンSOS!』

ワクチンSOS
題名 『ワクチンSOS!
著者 高橋 徳坂の上零
発行所ヒカルランド
発行日2021/2/24
ページ数259ページ

『ワクチンSOS!』作品紹介とあらすじ

ウィスコンシン医科大学名誉教授で統合医療クリニック徳・院長の高橋徳氏と前出の坂の上零氏との対談本。これも異色の組み合わせで面白く読める。それにしてもコロナ陰謀論的本には対談物が多いのは何故だろう?

遺伝子組み換え作物のテクノロジーが
ヒトに試されようとしている!
今回の新型コロナの【DNAワクチン】は、【遺伝子組み換え人間】に直結する危険を孕むものだ! 人類がかつて経験したことのない壮大な人体実験となる! 安全性も効果も担保されていないこのワクチンをどうしたら打たないで済むのか、そのノウハウを徹底追求する!

『コロナワクチン、被害症例集』

コロナワクチン、被害症例集
題名 『コロナワクチン、被害症例集
著者 中村 篤史
発行所ヒカルランド
発行日2021/7/29
ページ数192ページ

コロナワクチン、被害症例集』作品紹介とあらすじ

反ワクチンを説く医師による、歐米で報告された遺伝子ワクチンによる重篤な副作用、死亡例の報告集、しかも写真付き。

「体内にダイレクトに注入するものなのにその成分を公表してないって、ずいぶんデタラメな話じゃないですか?」
「本当に大丈夫って言えるの?数年経って妙な副反応が起こらないって、何か根拠でもありますか?」
・45歳医師、39歳看護師、42歳外科技術士が死亡(イタリア)
・AZ社製ワクチン接種後、胸部、腕に出現した皮下出血(のちに死亡)
・ネバダ州在住18歳女性、4月1日にJ&J社製ワクチン接種→1週間後、血栓を発症→意識不明→脳手術3回
・グラスゴー在住 Sarah Beuckmann さん(34歳)、AZ社製ワクチンを接種→1週間後、下肢中心に水疱が出現→現在、車椅子生活」
・ペンシルバニアの女性、ファイザーワクチン初回接種後に麻痺
・ナッシュビルの女性、ファイザーワクチン接種後に麻痺
・15歳男児、コロラド在住。2021年4月18日接種(ファイザー製)。翌19日心不全を発症。20日死亡。アレルギーの既往なし。
・16歳女児(Kamrynn Thomas さん)ウィスコンシン在住。2021年3月19日接種(ファイザー製)。3月28日に副反応として循環器不全(肺塞栓に起因すると思われる)を発症。ECMOを使用するも、3月30日死亡。アレルギーの既往なし。

『コロナワクチンの恐ろしさ』

コロナワクチンの恐ろしさ
題名 『コロナワクチンの恐ろしさ
著者 高橋 徳,中村 篤史, 船瀬 俊介
発行所成甲書房
発行日2021/7/26
ページ数176ページ

コロナワクチンの恐ろしさ』作品紹介とあらすじ

数多あるコロナワクチン陰謀論の中でもっとも売れているという本がコレ。それもそのはず、日本における反ワクチンの急先鋒3氏の共著である。高橋徳氏は前出のワクチンSOS!』、中村篤史氏も前出のコロナワクチン、被害症例集』、そして船瀬俊介氏は陰謀論の本棚の最上段編で紹介した『コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い』の著者。サブタイトル通り、知らない方が幸せかもしれない、というのコロナワクチンの陰謀っぷりを知りたい人は先ずこの本を読めば良い。

危険なのは接種直後の副反応だけではありません。阿鼻叫喚が始まるのは2年後〜5年後なのです!
2021年6月24日、著者・高橋徳教授&中村篤史医師がついに厚労省に「ワクチン接種停止」を緊急申し入れ!
ノーベル賞受賞者モンタニエ博士が警告!「希望はない。ワクチンを打った人に対する治療法はない。ワクチン接種者は全員2年以内に死亡する。我々にできるのは大量の死者に備えて火葬場の準備をしておくことくらいだ」
あなた……そしてあなたの大切なひとの人生の重要な選択をするための貴重なデータ、本書には満載です。

『コロナとワクチン』

コロナとワクチン

※こちらは陰謀論の本棚の最上段で紹介済み。

『ワクチンで殺される』

ワクチンで殺される
題名 『ワクチンで殺される
著者 船瀬 俊介
発行所共栄書房
発行日2021/9/22
ページ数288ページ

『ワクチンで殺される』作品紹介とあらすじ

もっとも激しい論調でコロナワクチンの陰謀論を説く船瀬俊介氏。彼の著書は過激でいて真実味があり巧みにドラマチックに描かれているので読み物として面白い。無論彼は本気で書いて(警告して)いる。

人類は、完全に気が狂った····
コロナも。 PCRも。 ワクチンもペテンだ
新型コロナワクチンの全人類への接種は、ついに始まった人口削減計画なのか!?
命を賭けた医師たちの訴えを聞け! /新型コロナは人工ウイルス /コロナは15年以上前から計画されていた /バスに轢かれて死んでも”コロナ死とは /PCR検査も空前絶後の詐欺だった/打ったら後戻りできない。やるか? 死ぬか?

ABOUT ME
わたなべ
読書家。選書家。アラフィフ(老眼)。リタイア済みなので暇に飽かして読みたい本・読むべき本を読みまくる。経済、哲学、歴史、科学に小説まで、分野問わず。読んでも読んでも読みきれないので速読法を会得。とはいえ、生きてる間に読める本には限界があるので、今何を読むべきなのか日々思案している。
本を沢山読みたい人へ

効果実体験済み!速読のオンライントレーニング

読みたい本は沢山あるけれど読書に充てられる時間は限られています。仕事の時間、食事の時間、寝る時間を削るのはナンセンス。一日24時間、一年365日、時間は宇宙の法則。時間を増やすことなんて誰にも出来ません。

私たちに出来ることは本を読む速度を上げること。

40年以上の研究実績を持つ速読メソッドを習得できるオンラインスクールがあります。

👉能力開発・速読と記憶術|特許取得の川村式ジョイント速読術(公式サイト)

私(小説ダイアリー編集長・わたなべ)も実践実証済み。大袈裟な話ではなく本の種類によっては1冊読む時間で10冊位読めるようになりました。つまり、読む速度が10倍になったのです。

この速読メソッドの開発者・川村明宏博士は、日本で唯一、速読の特許を持つ速読の第一人者。「ジョイント速読法」を身につければ、少なくとも今の2倍3倍は多くの本を読むことが出来るでしょう。読む本の量に比例して人生は豊かになれるのです。

速読法、早くから身につけるが勝ちです。